レポ④ 親族紹介

両親が先に2Fの新郎・新婦控室から
1Fの親族控え室に向かい着席しました。
 
次のエレベーターで私達も降りて行き
拍手で迎えられました
親族控室入場
親族控室入場

新郎・新婦による紹介形式の顔合わせ

事前に“親族紹介”と“一日のスケジュール”のペーパーを
控え室に置いて、配布頂いたので、
その順番で着席しておりスムーズに進行しました。
親族紹介リスト
1家族に1部「親族紹介説明書」を配布

自分達で進行することでスムーズに進む

一般的には両家の代表(父親または母親)による紹介か、
ゲストによる自己紹介が多いと思うのですが、
私達は両親の負担を考え、自分達で親族を紹介をすることに事前に決めていました。
 
プランナーさんより、
「それでは親族紹介を行います」と進行頂き、
 
順番としては、親等の近い家族から紹介
順番 自分から見た親等の順
1組目家族 父親、母親
2組目家族 妹、妹の配偶者(義弟)、甥、姪
3組目家族 伯父、伯父の配偶者、いとこ
4組目家族 叔母

紹介内容は自分からみた関係性と名前のみにしました。

親族紹介
👳新郎:花嫁家のみなさま『○○ □□』と申します。
本日はふたりのためにお集まりいただき、誠にありがとうございました。
これから花婿家の親族を紹介させていただきます。

妹 ○○ 花子です。
妹:よろしくお願いします。(妹が起立して会釈)
👳新郎:父方のおじ ○○ 太郎です。
おじ:よろしくお願いします。(おじが起立して会釈)
……新婦家も同じ用に紹介し、最後に
👳新郎:以上で、両家 親族紹介とさせていただきます。
本日は一日、宜しくお願いします。
 
プランナー「幾久しくよろしくお願いします」
と結びのコメントをフォロー頂き、無事親族紹介が終わりました。
 
親族写真
新郎親族と記念撮影
終わった後は、挙式リハーサルまでは
家族写真タイム
 
親族写真
新婦親族と記念撮影
 
ちょうど、ウェルカムスペースや友人の撮影が終わった
カメラマンの方も戻って来て、撮影してくれました。
 
時間はまだあったのですが、
親族の子どもが騒がしく
新郎・新婦そっちのけで
身内で話が始まってしまい…
 
妹とのツーショットなど要望がある場合は
早めに声をかけるなどしておくといいと思います。
 
 
新郎・新婦と両親は
一足先に次の挙式リハーサルへ向かいました。